Navigation


ユニークな名前のトマト銀行

トマト銀行を利用するには

県外の人にはあまり馴染みのないトマト銀行ですが、過去に岡山県信用組合を吸収合併したので現在岡山県内では中国銀行に次ぐ大きさの経済基盤を誇っています。ですから、岡山県に住む人にとってトマト銀行は有名で生活の中にあるのが当たり前の存在となっています。支店は合計で59店舗ありますが、そのうちのほとんどが岡山県内にあります。岡山県内で暮らすなら、支店だけでなく近所の公共施設や病院、スーパー、駅など身近な場所に銀行ATMが設置されているので、利用したい時に使えて大変都合が良い銀行です。

県外では兵庫県に4店舗、東京都・大阪府・広島県に各1店舗(平成26年2月現在)、という状況なのでどうしても県外に出てしまうと不便さを感じるかもしれません。ただ、ここで確認しておきたいのがトマト銀行と提携している銀行ATMの存在です。トマト銀行は、中国銀行、おかやま・水島・津山・玉島・備北・吉備・日生・備前信用金庫、笠岡信用組合の全10行の金融機関と「おかやまATMネットサービス」というATM相互利用サービスに参加しているので、トマト銀行のキャッシュカードを持っていれば、この金融機関のATMを利用することができます。

それから、もみじ銀行(広島県)・島根銀行・西京銀行(山口県)と「4BANKSネットサービス」というATM相互利用サービスにも参加していてこちらも、それぞれ金融機関のATMが使えます。つまり、岡山県内だけでなく中国地方にあるほとんどの金融機関のATMでキャッシュカードが使えることになりますから、ちょっと遠出した時などは便利で嬉しいですよね。

そして、広島銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行とも提携をしているので、全国のイトーヨーカドーやイオンなどのスーパー、セブンイレブンなどのコンビニでもトマト銀行のキャッシュカードが使えます。ゆうちょ銀行やセブン銀行など普段馴染みのある銀行ATMで使えるというのは、トマト銀行を身近に感じることができますね。